こんなお悩みありませんか?

出っ歯になっている

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

指しゃぶりなどの癖によって前歯が傾いたり、上下の顎の位置関係がズレたりすることで口が閉じにくくなります。

受け口になっている

反対咬合(はんたいこうごう)
下顎前突(かがくぜんとつ)

上下の噛み合わせ位置が逆になっている反対咬合や、下顎の発育が上顎よりも進むことで起きる下顎前突によって、受け口になります。

歯がデコボコに生えている

叢生(そうせい)

歯がきれいに並ぶためのスペースがないため、前後に位置がズレた状態で生えています。お手入れが行き届きにくいため、そのままでは虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。また、咬み合わせも合わなくなります。

歯が咬みあわない

開咬(かいこう)

指しゃぶりなどが原因で顎の骨の発育が阻害されると、奥歯を噛み合わせても前歯が咬み合わない状態になります。食べ物を噛めないだけでなく、発音にも支障が出ます。

下の歯が見えない

過蓋咬合(かがいこうごう)

噛み合わせると、下の歯が見えない状態になり、上顎の歯ぐきに下の前歯が咬みこんでいることです。噛み合わせが深すぎるため、歯のすり減りや顎関節症の原因になります。

一部だけ、少しだけ、歯並びが気になる

歯並び全体が悪いわけではないが、一部の歯だけ飛び出ていたり、隙間があったりする場合には、部分矯正で治すことができます。

  • top_tel_sp.jpg
  • メールでのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • WEBでのご予約はこちら
  • WEBでのご予約はこちら