目立たない矯正

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)とは

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)は、透明なマウスピースを使って歯に少しだけ力を加え、移動させていく矯正治療方法です。歯がある程度移動したところで、新しいマウスピースに取り替え、これを繰り返すことで最終的に目標とする歯並びを実現します。

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)のメリットとデメリット

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)は、矯正装置として透明なマウスピースを使用しますので、会話中などに矯正治療を受けていることはほとんど分かりません。

どうしても治療を受けていることを周囲に知られたくないという方や、仕事上、金属の矯正装置を使用するのは難しいという方には、特にお勧めです。さらに、マウスピースですので患者さんがご自身で取り外しすることができます。つまり、お食事や歯磨きはこれまで通り行って頂けます。一方、ブラケット矯正と比べると、治療期間が少し長くなってしまう可能性があるのがデメリットとなります。

 

※インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)を使用した矯正治療の流れ

無料カウンセリング

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)をご希望される方は、その旨をお知らせください。マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)についての詳細をご説明させて頂きます。

検査

各種検査によって、マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)が適用可能かどうかを確認します。

治療計画作成

最終的にどのような歯並びを目指すか、そのためにはどういった形のマウスピースが必要かなど、事前にコンピュータを使って3Dシミュレーションを行います。

データ送付、マウスピース作製

マウスピースを作るために、検査データやシミュレーション結果を、マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)を提供している会社(米国アライン・テクノロジー社)へ送付します。

治療開始

マウスピースの装着を開始します。2週間経過しましたら、次のマウスピースに取り替えてください。また、定期的な治療を欠かさないようにしましょう。

保定

歯の移動が終わりましたら、それまでと同じように透明マウスピースを使用して、歯の位置を安定させる保定を行います。

  • top_tel_sp.jpg
  • メールでのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • WEBでのご予約はこちら
  • WEBでのご予約はこちら