矯正治療の装置について

ブラケット矯正のメリットとデメリット

様々な矯正装置の中でも、
昔から使われてきた最も一般的なものが
ブラケットとワイヤーです

歯にブラケットと呼ばれる小さな装置を取りつけ、それをワイヤーで引っ張ることで、歯の位置を移動させていきます。この方法は、歯一本一本に適切な負荷をかけることができ、治療期間もあまり長くならないというメリットがある一方で、治療期間中は装置が目立ってしまうというデメリットがありました。

そこで、当院ではできるだけが目立たないよう、透明なブラケットとゴールドのワイヤーを採用しています。さらに、あえてカラフルな色を使って治療中の口元を演出したいという方は、カラーゴムを使用して頂くこともできます。

透明なブラケット

金属ではなく、透明なプラスチック素材で作られたブラケットです。口を開けた時に、金属のように目立ってしまうことがありません。なお、前歯に透明なブラケットを使用し、奥歯は外から見えないため、強度面で勝る金属ブラケットを使用します。

ゴールドワイヤー

ブラケットに加えて、口を開けた時に目立ってしまうもう一つの要素がワイヤーでした。しかし、ゴールドのワイヤーなら、歯茎や唇の色(肌色)に近いため、会話中に金属色が目立つことはありません。

カラーゴム

矯正装置を、あえてファッション感覚で楽しみたいという方には、カラーゴムという選択肢があります。ブラケットとワイヤーを固定するためのゴムの色をお選び頂くことができ、患者さんのお好みで色を組み合わせることも可能です。

  • top_tel_sp.jpg
  • メールでのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • WEBでのご予約はこちら
  • WEBでのご予約はこちら