専門医について

日本矯正歯科学会『専門医』とは?

透明なブラケット

「日本矯正歯科学会専門医」とは、日本矯正歯科学会が設けている専門医制度です。「歯科矯正認定医」取得後、10年以上の矯正治療臨床経験と、学会が指定した特に難しい不正咬合の治療例を10症例、治療資料をもとに審査し、一次審査、二次審査、三次審査を経て、技術、経験、人格に優れていると判断された場合に取得することが出来ます。この制度は高度なレベルの制度として、2006年に創設され、国際的視野をもって矯正歯科医療の発展に奉仕すると共に、 認定医および専門医をめざす歯科医師の育成と臨床研修をサポートできる者とされています。また、全国の矯正歯科治療を実施している歯科医師の中で、専門医がわずか約1%である事からも、その難関度と経験・技術のレベルの違いをご理解頂けると思います。 資格取得後も、5年ごとに症例の提出と、試験に合格する必要があります。

>> 日本矯正歯科学会 専門医名簿一覧

日本矯正歯科学会とは?

日本矯正歯科学会は歯科矯正学・矯正歯科臨床の進歩・発展を目的に1926年に設立された、対外的にも日本を代表とする矯正歯科学の学会です。全国各地の矯正歯科医を中心に、7,000名程の会員により構成されております。定期的に、学術大会の開催、機関誌の発行、認定医等の設定、その他必要と思われる事業を行っています。

日本矯正歯科学会 >> 日本矯正歯科学会 オフィシャルHP

日本矯正歯科学会『認定医』とは?

日本矯正歯科学会における認定医制度は、矯正歯科医療の水準を維持、向上を図ることで、より適切な医療を提供することを目的として1990年に創設されました。 そのため、矯正歯科治療に関して適切かつ充分な学識と臨床経験を有し、この目的を遂行できる者が「認定医」と認められております。 認定医の資格は、5年以上本学会に属し、学会が認めた大学の附属病院や矯正歯科医療機関において5年以上の臨床経験、学術誌に矯正歯科臨床に関する報告を発表し、審査に合格した者に与えられます。 また、更新は5年ごとに行われ、学術大会への出席、発表、そして学術誌における報告を行うことが義務となっております。

>> 日本矯正歯科学会 認定医名簿一覧

  • top_tel_sp.jpg
  • メールでのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • WEBでのご予約はこちら
  • WEBでのご予約はこちら