Q&A

2015.10.09更新

A. 通常問題なく矯正治療を行うことができます。

ただし、天然歯(治療をしていない歯)と比べて接着剤がつきにくいため、何度か治療途中で矯正装置がはずれてしまう可能性があります。はずれたときには再度接着剤でつけ治せば問題ありません。

投稿者: あいはら矯正歯科

2015.10.09更新

A. 外科矯正は、手術であごの形を変えていきます。ですから、受け口の方の場合、歯並びはもちろん、あごが出た感じが改善されます。手術を行わない矯正治療だけでは受け口は治せますが、あごの出た感じは変わりません。

もしも、あごが出ていることが最も気になっていることで、それを治したいというのであれば手術をすべきということになります。受け口でよく食べ物が噛めないということであれば矯正だけでもよいかもしれません。

投稿者: あいはら矯正歯科

2015.10.09更新

A. 矯正治療は長期間かかりますから、その間に都合によりしばらく通院できなくなってしまうこともときにはあります。

たとえば出産やけがのための入院や、短期間の留学や受験で忙しいなどです。そのような場合でも、矯正装置が壊れて痛いとかいうことが起こらない限りは特別問題はありません。

ただ単にその間、治療の進行が遅くなるだけのことです。もしも矯正装置が壊れてしまったときには、何らかの応急処置が必要になるかもしれません。その際にはご連絡ください。

投稿者: あいはら矯正歯科

2015.10.09更新

A. 医療を受けられた場合、確定申告の際に医療費控除を申請すれば税金が戻ってくることがあります。

これは矯正歯科治療についても同様で、咬み合わせや歯並びを改善するために矯正治療を受けたのであれば、医療費控除の申請をしてもなんら問題はありません。

ただし、唯一美容を目的とするような場合は医療費控除が受けられません。子供の場合は特に治療の目的を証明する必要はないようですが、成人の場合は矯正治療が医療上必要であったということを証明する診断書の提出を求められることが多いようです。税務署によって対応が異なりますので、詳しくは管轄の税務署にお尋ねください。

ちなみに、医療費控除により還付される税金は、所得や医療に費やした金額によって異なります。

投稿者: あいはら矯正歯科

前へ
  • top_tel_sp.jpg
  • メールでのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • WEBでのご予約はこちら
  • WEBでのご予約はこちら