Q&A

2015.10.09更新

A. まず虫歯治療を行う必要がありますので、一般歯科医院をご紹介しています。また虫歯がみつかった場合、矯正装置を付ける前に虫歯を治療する必要があります。

当院は矯正専門の歯科医院であるため、虫歯治療は行っておりません。患者さんのかかりつけの歯科医院あるいは、当院が信頼できる歯科医院をご紹介して先に治療していただきます。これは抜歯に関しても同様です。

当院で虫歯治療を行わない理由は、日々虫歯治療を行っている歯科医にお願いするほうが、患者さんにとってメリットが大きいと考えているからです。同じ歯科医でも得手不得手はあるものです。

治療内容によって、その道のプロにお願いすることが、患者さんにとって最善の治療法だと思います。内科の専門医が心臓外科手術を行わないことと同じだとイメージしていただければわかりやすいかと思います。

投稿者: あいはら矯正歯科

2015.10.09更新

A. 日本矯正歯科学会の認定医であることはひとつの判断基準になります。大学歯学部では矯正歯科の基礎的な知識は勉強しますが、実際に治療を行えるレベルになるには、卒業後に矯正歯科専門の研修機関でトレーニングを積まなければなりません。

特に矯正治療の場合は、患者さんの咬み合わせの程度も様々なので、治療経験が長いだけではなく、色々な治療例を勉強することも同様に必要です。また、正しい治療方針の立て方や細かい治療テクニックは教科書に書いてあるわけではないので、良い指導者に一定期間の指導を受けることが絶対条件です。

このことから、医師の経験値を判断するひとつに、日本矯正歯科学会の認定医かどうかは基準になると考えられます。認定医になるには学会が認定した研修機関で一定期間トレーニングを受けることが義務づけられているからです。

どんなに簡単な質問にもきちんと答えてくれる医師かどうかもポイントです。矯正医が当たり前と思っていることが、患者さんにとって、必ずしも当たり前のことではありません。その逆も当然あります。患者さんと矯正医が同じ目標を持って治療を進めるためには、コミュニケーションがきちんと取れることが大切なことです。治療前の矯正相談で先生の説明が理解できない場合は、再度詳しく聞くか、別の先生の意見(セカンドオピニオン)を聞いてみることをおすすめします。

投稿者: あいはら矯正歯科

2015.10.09更新

A. 歯を動かすためのブラケットいう装置を、歯の表側につけるか裏側につけるかの違いです。

治療中の見た目をどの程度求めるかによって、表か裏かをお選びいただけます。どちらを使っても、治療期間や仕上がりに大きな違いはありません。とはいえ、費用面は、裏側矯正の方が高いことの方が多いです。

以前は表側矯正に使うブラケット素材が金属だったので、歯が見えた時にはギラッと装置が目立ちました。そのため、矯正治療中の審美性を求められる方は裏側に装置をつけるしかありませんでした。

しかし、ブラケットの開発は日々進化しており、現在では歯の色にそっくりで、変色もしないセラミックブラケットやジルコニアブラケットが主流となりました。さらに、ブラ ケット同士をつなぐワイヤーも、シルバーではなく、ゴールドワイヤーが登場したことで、さらに見た目に優れた表側矯正が可能になっています。

しかし、やはり表側に装置が付くことにどうしても抵抗がある場合は裏側矯正が有効です。以前は、しゃべりにくい、舌が痛い、食べ物が詰まる、歯みがきがしにくいなどの問題がありましたが、現在は装置の進化に伴い、ほとんど気にならないレベルになりました。

投稿者: あいはら矯正歯科

2015.10.09更新

A. 矯正に年齢制限はありません。

歯槽膿漏のように歯がグラグラになっていない限り、何歳でも治療は可能です。ただし、悪い咬み合わせを何十年も放置していた結果、治療が出来ない場合もありますので、できるだけ早く治療を開始することをお勧めいたします。

投稿者: あいはら矯正歯科

2015.10.09更新

A. はい。当院では部分矯正も行っています。

とはいえ、部分矯正と言っても、問題がある歯のみに装置を付けて歯を動かすことはできません。全体の咬み合わせを考えて、装置をつける箇所を判断する必要があるからです。どの程度装置を付ける必要があるのか、治療期間にも個人差があることをご了承ください。

投稿者: あいはら矯正歯科

2015.10.09更新

A. 矯正治療には、健康保険は適応されません。全額自費の治療になります。

しかし、生まれつき持った障害が原因で、歯並びに悪影響を及ぼしている場合と、外科的な手術が必要な顎が変形している場合は健康保険が適応となります。

以下の疾患を有する患者さんの矯正治療には健康保険の適応が可能です。

・口唇口蓋裂
・ゴールデンハー(Goldenhar)症候群(鰓弓異常症を含む.)
・鎖骨・頭蓋骨異形成
・クルーゾン(Crouzon)症候群
・トリチャーコリンズ(Treacher-Collins)症候群
・ピエールロバン(Pierre Robin)症候群
・ダウン(Down)症候群
・ラッセルシルバー(Russell-Silver)症候群
・ターナー(Turner)症候群
・ベックウィズ・ヴィードマン(Beckwith-Wiedemann)症候群
・尖頭合指症
・ロンベルグ(Romberg)症候群
・先天性ミオパチー
・顔面半側肥大症
・エリス・ヴァン・クレベルド(Ellis-van Creveld)症候群
・軟骨形成不全症
・外胚葉異形成症
・神経線維腫症
・基底細胞母斑症候群
・ヌーナン(Noonan)症候群
・マルファン(Marfan)症候群
・プラダーウィリー(Prader-Willi)症候群
・顔面裂

投稿者: あいはら矯正歯科

2015.10.09更新

子供:認められます。発育段階にある子供の歯列矯正は、成長を阻害する可能性がある不正咬合を治すことが治療の目的ですから、基本的に医療費控除の対象となります。
成人:診断書があれば認められます。

このように、矯正治療の目的が、身体的に歯列矯正が必要であった場合は、成人でも医療費控除の対象になります。同じ歯列矯正でも、見た目を美しくすることが目的の治療費は、医療費控除の対象にならないということです。

原則的には、予防と美容に関するものは認められないとされていますが、歯列矯正する大抵の人は歯並びが悪いため、咀しゃく障害や、咬み合わせの改善を必要としています。

投稿者: あいはら矯正歯科

2015.10.09更新

医療費控除は、1月1日〜12月31日の1年間に支払った医療費が10万円を越えた場合の超過分に対して適用されます。ただし、年間所得が200万円未満の場合、所得×5%を基準として超過分に対して適用されます。

投稿者: あいはら矯正歯科

2015.10.09更新

A. 治療上必要があれば抜くことはあります。
出来る限り歯を抜かないで治療することは、矯正医も患者さんも気持は同じです。あごの大きさと歯の大きさのバランスが悪い場合に、許容範囲内であごの大きさを横にひろげ、歯を後ろに動かすことで隙間を作ることが出来る場合は、歯は抜く必要がありません。

しかし、隙間を作れなかった場合や、口元が前に出ているのを改善したい方は、抜歯が必要な場合もあります。

投稿者: あいはら矯正歯科

2015.10.09更新

A. 治療の難易度、歯の動き方の個人差にもよりますが、通常の治療方法で
平均1年〜2年くらいが一般的な治療期間です。通院ペースは3〜5週間に1回が平均的です。

弱い力で細かく治療を行いますので、歯に過度の負担をかけることはありませんのでご安心ください。また、治療中に使用するゴムなどのご協力次第では、もっと短期間で終わる場合もあります。

投稿者: あいはら矯正歯科

前へ
  • top_tel_sp.jpg
  • メールでのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • WEBでのご予約はこちら
  • WEBでのご予約はこちら